CoRichブログランキング

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode

<< ナムコ出品のススメ | main | 2010に向けてどうする? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
二度曲げに立ち向かう意識
JUGEMテーマ:ファミスタオンライン3

ついに、来週(12月17日)のアップデート内容が発表されました。

新試合システムがどこまで改善されたか気になるところ。
せめてハーフスイングからのスイングで長打が出るのはどうにかしてほしい。
まあそれも旧ファミスタからの伝統といえばそれまでですが。

俺ジナルCOM戦・・・何?w
FPやアイテムが貰えるならやってみるかな?
でもどういうものかまだよくわからないなあ。

新球場追加では、もろこし球場というのが出ますね。
外野が広いように見えなくもないですがはたして・・・
河川敷な感じでないことを祈ります。

僕が一番ビックリしたのがOB選手追加

おお!往年の名選手たちがカードに!
・・・って、よく見ると画像は川口、今中、阿波野。何故か左腕投手ばっかりw
野手カードも見たかったなあ。
でもこれはなかなか楽しみ。
ただ、全てプレミアカードなら入手は簡単ではないですね・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新試合システム導入に当たって、思うことがあります。

もう二度曲げに文句は言えない、ということです。
システム導入によって、バグストは激減することでしょう。
オンラインゲームのため、100%ではないかも知れませんが、
あの一瞬止まるボールを導入したことで同期をはかっている。
運営もバグストを無くすためにいろいろ努力したのでしょう。

僕はもともと二度曲げ相手に文句は言わないのですが、
文句を言うプレイヤーが多いのも事実です。

またバグストが激減すると同時に、二度曲げ使いが増えると思われます。
僕は今後も二度曲げは使わない予定ですが。
慣れていないので余計打たれそうな気がして^^;

二度曲げは運営が認めているルール。
文句を言う前に、どうすれば打てるかを考えましょう。
バグストでなければ打てます!
精神論ですがこれも勝つための一つの秘訣です。

ただ、外角二度曲げが増えたらつまんなくなるなあ。。。

※僕は二度曲げ使いではありません^^;
| ファミスタオンラインのアップデート | 08:18 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:18 | - | - | pookmark |
コメント
バグストでなければ二度曲げは打てますが、完全に運任せなので、試合をやってて楽しくないですよね^^
駆け引きも何もない・・・
| あきらりあ | 2009/12/11 12:33 PM |
確かにバグストじゃなければ。
バグストだけは勘弁ですね。
| よっしー | 2009/12/11 3:52 PM |
新システムはどうなりますかね・・・

不安だらけです。。。
| 劇王 | 2009/12/11 4:22 PM |
新システムはかなり不安ですね><
| soccer-love | 2009/12/11 6:24 PM |
こちらが愛フルを使っているので当然相手も食らいついてきます。
二度曲げのない試合は1割か2割ですので慣れましたね^^;
ただ、新試合システムになって楽になるかといえばワカリマセン。慣れるまでは以前のほうがマシだったと僕は言いつづけると思いますw
| hamu | 2009/12/11 7:43 PM |
新システムは期待と不安があります^^;
| テルトビッチ | 2009/12/11 7:48 PM |
新システムでログインが結果的に減るとか?
| ジミくん | 2009/12/11 10:12 PM |
新システムは期待してません・・
不安が募る
| 潤也 | 2009/12/11 11:20 PM |
バグストも減ってくれるはずですし2度曲げは全然かまわないんですけど外角2度曲げは苦手なので増えないでほしいです^^;
| すのーどーむ | 2009/12/11 11:26 PM |
バグストがないなら何でもいいw
| ★巨人★ | 2009/12/12 8:51 AM |
新システムどうなるのかな。
不安です。
| おがた | 2009/12/12 9:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック